面倒なお手入れも不要!インプラントなら自分の歯と同じようにできる

ロゴ

インプラント治療の特徴

インプラントとは、失った歯にチタン製の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる矯正歯科治療です。手術が必要な治療になりますが、一度治療を行ってしまえば、普通の歯と同じように永久的に使うことが出来ます。そのためには、しっかりしたメンテナンスが必要となります。

インプラントと入れ歯の違いとは

入れ歯の特徴

入れ歯は、歯茎の上に被せて使用します。取り外しが簡単で、毎日外してしっかり洗浄する必要があります。自分専用の歯型を取って入れ歯を作るところから始め、実際に装着して使用出来るまでは約1か月程度かかります。

インプラントの特徴

手術をして歯の根元にしっかり器具を埋め込むため、外れる心配がありません。また、見た目もかなり綺麗になります。外科手術をしてからインプラントと骨がしっかり装着するのを待ち、人工歯を被せるため、手術から装着までは3か月〜1年程度かかります。

優良な歯医者を見つけるポイント

インプラントなどの審美歯科は、歯医者の腕も重要となってきます。名医と呼ばれるような優良な歯医者を見つけるためには、まず知名度があり、審美歯科の治療例がしっかりホームページなどに載っていることを確認してみましょう。また、初回のカウンセリングをしっかり行い、ひとりひとりに合った方法を提案してくれるのは、優良な歯医者と言えます。

インプラント治療の流れ

インプラント

診察と検査

まずはしっかりとカウンセリングを行い、レントゲンを撮りながら歯の状態や位置、虫歯の有無、費用の面、持病がないか、アレルギーがないかなどをチェックします。持病があったり、歯の状態によっては治療が受けられなかったりすることもあります。問題なければ、さっそく治療をスタートさせていきます。

外科手術の実施

外科手術は、二回実施するのが通常です。まず一次手術では、土台となる器具を歯根に埋め込む手術を行います。手術後は、骨としっかり結合する期間を待ち、経過観察をしながら安静に過ごします。その後、人工歯を取り付ける支柱を埋め込むための二次手術を行います。二次手術が終わったら、また安静期間を設け、最後の仕上げの準備をしていきます。

人口歯の装着と定期健診

土台が完成したら、人工歯を被せます。人工歯、形や色を患者の好きなものに出来ますので、自分好みのものを選べます。装着が終わったら、歯磨きの方法や口内洗浄の方法などのレクチャーを受けます。その後は定期検診に通い、トラブルが起きてないかチェックし、メンテナンスを受けます。こうすることで、永久的にインプラントを維持することが出来ます。

自信を持って笑顔になれる【インプラントで健康な歯を残す】

インプラント

インプラント治療を受けることで得られるメリット

自分の歯と同じように物を噛むことが出来るため、顎の骨の劣化を防ぐことが出来ます。また、見た目が綺麗になるため、歯並びや歯垢のコンプレックスなども解消させることが出来ますし、自信を持って笑顔を見せられるようになります。
メンテナンスも基本的に歯医者で診察して行いますので自分で取り外して洗浄する必要がなく、面倒な作業がありません。さらに、隣の歯を削ったりする必要もないため、今ある健康な歯はそのままの状態で残すことが出来ます。